12月1日、山形県庁2F講堂で「平成22年度やまがた絆の森プロジェクト活動報告会」が行われました。
1年間の活動報告のほか、締結を検討される企業を対象とした森づくり相談会が同時開催されました。
せっかくの機会ですので、BCM(事業継続マネジメントセミナー)の第8回:番外編という位置づけにして、当社の大事なお客様もお連れして見学をしていただきました。

 001.jpg  003.jpg
会場は関係者の他、一般企業や自治体関係者などで満員。絆の森活動成果に対する関心の高さが伺えます。

 009-1.jpg   009-2.jpg
やまがた絆の森締結企業11社による、各絆の森コンソーシアムの活動報告 -左から発表順に-
新庄信用金庫・(株)荘内銀行・山形ゼロックス(株)・(株)シェルター・(株)山形銀行(山形信用金庫、米沢信用金庫、鶴岡信用金庫)・キヤノンマーケティングジャパン(株)・国土防災技術(株)・(公財)イオン環境財団

032.jpg  034.jpg 
当社からは、「コンソーシアムとして企業セミナーに参加」したことや、周囲との関係性について社内・社外に変化があった。少しずつですが県内外で山形ゼロックスのイメージが変わってきたことなどを発表しました。また、夏のセミナーのアンケート結果もここで紹介。もし「森づくり」を行うとしたら、どんな効果を期待する県内企業・自治体が多いかなど、分析して分かったことを報告しました。また、セミナー参加者の意識が変わった事などを効果としてお話しました。

008.jpg11社の報告の中に共通していたのは、「参加者に楽しんでもらえた、喜ばれた」ことや「協定企業同士も情報交換をするなど、横のつながりができた」、「県や支援センターが十分にサポートしてくれた」と感謝する声でした。
意見交換会では、来年度に締結を控えた企業より、いろいろな質問が出ました。質問を受けながら(あぁ、自分達も1年前は心配だったなぁ)と、協定企業の皆さん、自分に重ね合わせていたようです。 
当社が、県の担当者と金山町を訪れ、所有者と初めて面談をしたのは昨年のちょうど今頃。当日の晴天に引っ掛けて「きっと山ゼロさんの森づくりは、上手くいくよ」と、県の方が背中を押してくださったことを思い出しました。
協定締結をご検討の企業様、県や関係者はもちろん、やまがた絆の森協定企業同士のネットワークもあります。どうぞご安心下さい。